補償とサービス

もしもの時の大きな補償。

1.補償内容
お客様が事故などにより第三者または当社に損害を与えた場合には、下記の金額を限度として、保険その他の制度による補償がついています。
ただし補償制度の上限を超えたもの、免責金額が保険約款の免責事項に該当する事故、貸渡約款に違反する事故および警察の事故証明が取得できない場合の損害は
すべてお客様のご負担となります
  補償内容 補償額 免責金額
(自己負担金)
対人 他人を死傷させた時 無制限 5万円
対物 他の車や物に傷を与えた場合 無制限 5万円
人身 ご自身や同乗者が死傷した時 3.000万円 無し
車輛 レンタカーに傷を与えた場合 時価 5万円
このような場合は、保険・補償が適用されません。
事故現場から警察および当社への連絡など所定の手続きがなかった場合
飲酒運転、無免許運転、薬物使用、無断延長
タイヤの損傷、パンクやホイールキャップの紛失
運転中にシートベルトを着用していなかった場合
当社に無断で相手側と示談した場合
海岸、河川敷、又は林間等車道以外を走行した場合
操作ミスによる事故または故障
定員をオーバーして走行した場合
契約書記載の運転者及び副運転者以外の方の事故
車内装備の損害および装備品の紛失
当社の貸渡約款の条項に違反して使用した場合
その他保険約款の免責事項に該当する事故
その他運転者の重大な過失(スピード違反、信号無視等
給油時の燃料種別の間違いにより生じた補修費

免責補償制度とは
この制度に加入されますと,事故時の対人免責額(5万円)対物免責額(5万円)と
車両補償免責額(5万円)のご負担をお客様にかわって、補償いたします。
ただし、同一貸渡において複数事故が発生した場合、初回事故のみの適用となります。貸渡手続き後の加入、解約はできませんので出発時にお申し込みください。

運転予定者の中に21歳未満の方、免許取得1年未満の方、過去に事故歴があり当社が不適当と認めた方は免責補償制度に加入できません

【注意】
自損事故を起してしまった場合の車両免責額への補償は適用されません。
自損事故とは、電柱、ガードレール等に衝突してしまったの場合
スマートフォン操作中の事故、わき見運転による追突
操作ミスによる衝突、転落、転覆の場合、当て逃げされた場合や単独事故

加入料 1日24時間/¥1.080-(税込み)
ノンオペレーションチャージ(休業補償)
お客様が万一車輛の利用中に事故、盗難、車内装備の損害、シートの焦げ跡などが発生し、車両の修理・清掃が必要になった場合、その修理期間中の休業補償の一部をお客様にご負担いただく制度です。ご利用いただく車種クラスに応じて損害の程度や修理の時間に関わりなく、下記金額を申し受けます。
※車両の修理費用をカバーする「免責補償」とは異なります。
※自走不能によるレッカー代はお客様の負担になります
▶自走にて戻られた場合 ¥20.000-
▶自走不可能で戻れない場合
¥50.000-